Webマーケターとは?職種未経験や年齢制限ってあるの?成功する人とは?

Webマーケターは未経験でも大丈夫?年齢は関係ある?

本ページはプロモーションが含まれています。

悩む人

Webマーケターに興味あるけど、職種未経験でもなれる?

このような疑問にお答えする内容です。

  • Webマーケターって未経験者でもなれるの?
  • 年齢は関係ある?
  • 転職活動前に勉強したほうがいいの?

Webマーケティングは、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となっています。企業がオンラインで成功を収めるためには、効果的なWebマーケティング戦略が必要です。そこで、Webマーケターという職業が注目を浴びています。

管理人

私は職業訓練で、Webマーケティングを学びました。

職業訓練における最初の学習で「Webマーケティングの人材が不足しているため、未経験でも問題ありません」という話を聞きました。

ただし、未経験者が必ずしも受け入れられるわけではありません。学習だけでなく、就職活動にも努力が必要です。実際の転職活動では、年齢の壁を感じることもあります。

本記事では、Webマーケターの役割や求められるスキル、職種未経験や年齢制限について探っていきながら、成功するWebマーケターの特徴について解説します。

目次

Webマーケターってどんな仕事するの?

Webマーケティングとは、Web(インターネット)を活用して行われるマーケティングのことで、その仕事をする人がWebマーケターです。具体的には、Webを活用して商品やサービスの購入につなげるために様々な施策を行います。

Webマーケティングの手法は大きく次の3つあり、これらが仕事の一例です。

  1. 集客施策
  2. 接客施策
  3. 再来訪施策

集客施策

集客施策は、ウェブサイトやSNS(ソーシャルメディア)などを活用して、多くの人々を引きつけるための施策です。以下は、具体的な方法の一例です。

集客施策の例
  • SEO対策
  • SNS対策
  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • アドネットワーク広告
  • アフリエイト広告
SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)は、Webページを検索エンジンの上位に表示させるための最適化手法です。

キーワードリサーチやコンテンツ最適化、ユーザーエクスペリエンスの改善などを通じて、Webページのランキングを向上させることが目指されます。結果として、Webサイトへのアクセスやオンラインビジネスの成果が向上します。

SNS対策


SNS対策では、顧客とのコミュニケーションを活性化させるために、SNS上で情報発信を行い集客を促します。

最近では、多くのBtoC企業がTwitterやInstagramなどの公式アカウントを活用し、商品情報や役立つ情報、ブランドストーリーなどを発信しています。これにより、顧客との交流を深め、コミュニケーションの機会を増やしています。

SNS対策にはSNS広告も含まれます。SNS広告では、InstagramやFacebookなどのソーシャルメディア上で、年齢層や地域、関心などのセグメントごとに広告を配信することができます。これにより、ターゲットに合わせた効果的な広告キャンペーンを展開することが可能です。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンや広告プラットフォーム上で表示される広告形式です。特定のキーワードや条件に関連したユーザーに広告を表示し、集客を促します。リアルタイムな効果測定やターゲット設定の精度を活用し、効果的な広告キャンペーンを展開します。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、インターネット上のデジタルディスプレイに表示される広告で、集客施策の一環として利用されます。ビジュアルやターゲティングの柔軟性があり、注意を引きやすく、効果的なオーディエンスに届けることができます。しかし、広告過剰やブロッカーの問題もあります。ターゲットオーディエンスを理解し、魅力的なコンテンツを提供することが重要です。

接客施策

Webサイトへの集客成功だけではなく、成約につなげるためには、快適なWebサイト環境を提供し、接客施策を行うことが重要です。

接客施策の例
  • LPO(ランディングページの最適化)
  • EFO(入力フォームの最適化)
LPO

LP(ランディングページ)はリスティング広告などからアクセスした際に最初に表示されるページを指します。そのランディングページのパフォーマンスを改善する施策がLPO(Landing Page Optimization)です。

LPの参考サイト

LP ARCHIVE

Web Design Clip

EFO

EFO(Entry Form Optimization)とは、入力フォームやカートからの離脱を減少させるための施策を指します。入力フォームやカートは、ユーザーが成果を達成するポイントに非常に近い位置にありますが、同時に離脱が頻発する特徴も持っています。離脱率を低下させ、成果に直結するような対策を行うことが重要な施策となります。

再来訪施策

再訪問施策は、リマーケティングまたはリターゲティングとも呼ばれ、以前に頻繁にサイトを訪れていたユーザーや興味を示していたユーザーなどを再度サイトに呼び戻すための施策を指します。

接客施策の例
  • メールマーケティング
  • リターゲティング広告
メールマーケティング

メールを活用して情報を配信し、関係構築や販促活動を行うマーケティング手法です。メールマガジンやステップメールは、メールマーケティングの一部として使われる手法です。

リターゲティング広告

リターゲティング広告(Retargeting Advertising)は、特定のウェブサイトを訪れたユーザーに対して、その後のウェブサイトやアプリ上で広告を再表示する手法です。

Webマーケターになるには何歳までがいい?

Webマーケティングの学習には年齢制限はありません。インターネット上には、Webマーケティングに関する情報やオンラインコースが豊富に存在しており、自己学習やスキル習得が可能です。

学んだ知識を自身が運営するWebサイトで活用するなどを通じて実践することもできます。年齢に関係なく、Webマーケティングのスキルを身につけることは十分に可能です。

職種未経験で企業で働くなら若い方が良い理由

これはWebマーケターだけのことではなく、一般的に多くの職業に言えることです。若い方が職種未経験で転職する際には、いくつかの利点があります。

  • 新鮮な視点とアイデア
  • 技術の習得が容易
  • 柔軟な働き方への適応力
  • 長期的なキャリアの構築

中高年の場合は就職ではなく、今までの経験も活かしつつ副業などでWebマーケターになる方法も考えられます。

新鮮な視点とアイデア

若い人は社会や業界の慣習にとらわれず、新鮮な視点やアイデアを持っています。これにより、既存の枠組みにとらわれない発想や斬新なアプローチが可能となります。

技術の習得が容易

若い人はテクノロジーに対して敏感であり、新しい技術を迅速に習得する能力が高い傾向があります。特にデジタル分野では、技術の進歩が速いため、若い人が迅速に新しいツールやプラットフォームを取り入れることができます。

柔軟な働き方への適応力

若い人は柔軟な働き方に適応しやすいです。例えば、リモートワークやフレックスタイムなど、現代の労働環境で求められる柔軟性を持っています。

長期的なキャリアの構築

若いうちに新しい職業に挑戦することで、長期的なキャリアの構築が可能です。若いうちに経験やスキルを積み重ねることで、将来的にはリーダーシップのポジションや高い収入を得る機会が増えるでしょう。

仕事としての転職の現実的な課題

仕事としてWebマーケターとして転職する場合は、現実的な課題が存在します。

既に記載していますが、未経験でWebマーケターとして企業に正社員として転職しやすいのは若い方です。年齢が上がるとともに、正社員は厳しくなります。

マーケティング人材が不足していると言われていますが、中高年の場合は経験や実績が重視される傾向があります。そのため、若い世代に比べて特に40代以降で職種未経験の転職は、厳しい状況です。これは私が経験しました。

Webマーケティングを学んだ体験談

このブログは、主に20代の方々に向けて情報を発信していますが、中高年の転職事情について知ることは、将来の人生計画に役立つでしょう。

私は中年層ですが、Webマーケティングを学びました。中高年の方が職種未経験でWebマーケティングの仕事に転職する場合には、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 前職より給与が安くなる
  • 上司が自分より若い可能性が高い
  • 職場全体が自分より若い
  • 高齢の場合は実務経験がないとかなり難しい

職業訓練の就職活動サポートで、私のような中高年以降は転職活動がかなり厳しいと言われました。正直に教えてもらったのですが、高齢でWebマーケターとして転職に成功した人はいないとの回答でした。

これはWebマーケターだけではなく、高齢の場合は実務経験がないと企業に雇ってもらうのは、不可能に近いでしょう。それでも転職成功した人は、営業職や企画等の実務経験があったり、何かしらマーケター職に役立つ経験のある人、または相当の努力をした人だと思います。

私がWebマーケティングを学んだ理由は、フルリモートワークでの仕事への転職を考えていたからです。しかし、転職活動の段階になり、家族にフルリモートワークの仕事を反対されました。この理由により、仕事は今までの経験のあるIT職で決めました。

実際にWebマーケティングへの転職活動はどうだったかというと、正社員や派遣社員はかなり厳しいです。「フルリモートワーク」に関しては、アルバイトや業務委託の求人はあります。

面接まで進めたのは、アルバイトで時給は最低賃金に近いです。先に他の仕事を決めていたため、辞退しました。Webマーケティングの知識は、個人的なサイトで使っていこうと考えています。今後、何かしら機会があれはアルバイトで働くこともあるかもしれません。

職種未経験者がWebマーケターになる方法

Webマーケターになるためには、まず専門的な知識やスキルを身につける必要があります。一般的に、スクールでの学習が効果的です。

独学は非効率的

自己学習や独学では誤った情報を得る可能性が高く、時間の無駄になることもあります。

私自身もその例で、長い間インターネット上でマーケティングについて学びましたが、後に職業訓練を受けることで、自身が間違ったことをしていたことに気付きました。

職種未経験の方がWebマーケターになるためには、正しい知識を得るためのスクールなどで知識を習得することをおすすめします。これによって、専門的なトレーニングを受け、実践的なスキルを身につけることができます。

Webマーケーターのスクール

Webマーケティングに特化したスクールやコースは数多く存在します。学ぶ方法としての選択肢としては、職業訓練(無料)と有料のスクールがあります。

Webマーケティングの職業訓練プログラムは、一般的に実践的なスキルを重視し、業界で求められる知識を身につけることができます。ただし、入校条件や面接があり、受講できるかどうかは選考の結果次第です。

有料のスクールは、専門のWebマーケティング教育を提供する民間の教育機関です。これらのスクールは、より幅広いカリキュラムや特定の分野に特化したコースを提供しています。自分の目標やニーズに合ったスクールを選びましょう。

Webマーケティングの学習ができる大学もありますが、今回は大学を除外することとします。

最終的には自分の学習ニーズや目標、予算、時間枠などを考慮し、適切なスクールやコースを選ぶことが重要です

おすすめの実践型Webマーケター育成スクール(リスティング広告・SNS広告)

Web広告運用に特化したスクールです。

Webマーケティングスクールのは、Webマーケターとして転職したい人やWeb広告運用を副業にしたいにおすすめ。

  • Web広告運用特化型のスクール
  • リスティング広告やSNS広告を学べる
  • 実践特化型スクールのため、卒業後すぐに広告運用が可能
  • 動画コンテンツや集団講習ではなく、マンツーマンで講師が教えくれる!
  • 転職サポートで未経験でも安心
  • 契約8日以内の返金保証
  • 業界最安値

は、最短で40時間で即戦力となるカリキュラムで学べます。

スクロールできます
運営会社株式会社カルテットコミュニケーションズ
代表者堤 大輔
本社愛知県名古屋市中区錦2-4-15 ORE錦二丁目ビル11階
設立2011年8月1日
業務内容リスティング広告運用代行
リスティング広告運用支援ツール開発(Lisket)
その他運用型広告運用代行(Facebook、twitter、各種DSP)
運用型広告関連コンサルティング

株式会社カルテットコミュニケーションズは、日本を拠点とする広告代理店です。

イマカラのコースは迷わない

コースはひとつで、オプションがあるだけです。

スクロールできます
スクール
コースリスティング広告コース
25万円(税込27.5万円)
オプションSNS広告コース
15万円(税込16.5万円)
希望者のみの補習1回1時間で5,000円(税込5,500円)
学習方法オンライン学習

\ 詳しくみる/

イマカラの受講の流れ

イマカラの受講までの流れです。

STEP
無料カウンセリングに参加

マックス60分のです。要望や悩みや不安を残さずを話しましょう。

STEP
申し込み

コースの確認をして、申し込みましょう。

STEP
受講費用の支払い

クレジットカードまたは銀行振り込みが可能です。

STEP
受講開始

楽しみながら学習をスタートしましょう。

まとめ・Webマーケティングの学習からはじめよう

Webマーケターの仕事は需要があり、職種未経験者でも転職のチャンスが広がっています。しかし、Webマーケティングについて何も知識がない状態での転職活動は非常に厳しいものです。

Webマーケティングの知識習得は、スクールでの学習をおすすめします。専門的な知識やスキルを短期間で身につけることができます。スクールには様々なコースがありますが、自分の興味や目標に合ったコースを選びましょう。

転職に成功するためには、まずは正しい知識とスキルを身につけることが重要です。スクールでの学習と転職サポートポータルの活用を組み合わせることで、より効果的な転職活動が可能となります。

タイミングが合えば、職業訓練を受講する方法もありますが、すぐに学習をスタートしたいのであれば、オンライン学習できる「イマカラ」で学ぶこともできます。

イマカラ
  • 実践特化型スクール
  • サポート体制がしっかりしている
  • 業界最安値

Webマーケティングの知識を身につけて、自分の可能性を広げましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次