老後の不安はお金?将来への安心な賢い選択!安定収入を手に入れる方法

老後の不安

本ページはプロモーションが含まれています。

悩む人

老後が心配。特にお金、大丈夫かな・・・

こんな20代女性に向けた内容です
  • お金がなくて老後が漠然と不安
  • 今の仕事をこのまま続けてもお金を残せないし投資資金もない
  • 老後の不安を減らす方法を知りたい

若い時から将来の不安を払拭し、安定した収入を手に入れる方法はあるのでしょうか?老後の不安やお金の問題は重要なテーマです。

この記事では、まだ若い時から始めることで将来への安心を築くための賢い選択肢や方法について探っていきます。将来に向けて自信を持ち、安定した収入を手に入れるためのヒントをご紹介します。若さを活かして賢く準備し、安心な未来を歩みましょう。

目次

老後を心配している人の割合をデータで知る

国民生活に関する世論調査の調査の結果をもとに、老後の不安をしている人がどのくらいいるのかみていきましょう。

使用データの調査方法など
  • 実施府省:内閣府(政府広報室)
  • 調査対象:母集団:全国18歳以上の日本国籍を有する者
  • 標本数:3,000人
  • 抽出方法:層化2段無作為抽出法
  • 調査時期:令和4年10月13日 から 11月20日

悩みや不安の内容

日頃の生活の中で、悩みや不安を「感じている」または「どちらかといえば感じている」と答えた者(1,473人)に、悩みや不安を感じているのはどのようなことか聞いた結果です。(複数回答)

「老後の生活設計について」を悩みや不安の対象として挙げた人の割合が最も高く、63.5%でした。次に、「自分の健康について」が59.1%、「今後の収入や資産の見通しについて」が57.1%と続きます。

前回の調査結果と比較すると、「老後の生活設計について」を悩みや不安の対象として挙げた人の割合が上昇しています(58.5%→63.5%)。

以下は総数、男女、年代別の回答データです。(PCでの表示)

悩みや不安を感じているのは
どのようなことか
総数男性女性18~
29歳
30~
39歳
40~
49歳
50~
59歳
60~
69歳
70歳
老後の生活設計について63.560.365.934.852.363.778.675.460.7
自分の健康について59.159.758.729.637.245.761.365.379.2
今後の収入や資産の見通しについて57.157.456.961.573.368.268.15935.8
家族の健康について51.547.654.422.237.845.362.55958.3
現在の収入や資産について43.843.943.751.954.152.95036.933
進学、就職、結婚、子育てなど、家族の生活上の問題について22.919.125.914.836.644.423.822.48.7
進学、就職、結婚、子育てなど、自分の生活上の問題について1817.118.765.23927.412.54.51.4
勤務先での仕事や人間関係について1716.917.127.432.629.619.810.83.3
家族・親族間の人間関係について15.112.117.44.41820.616.915.313.1
近隣・地域との関係について6.967.70.78.78.16.57.57.5
事業や家業の経営上の問題について6.98.65.60.74.19.410.57.16.6
その他2.92.8332.30.922.64.9
無回答0.10.20.4
不安や悩みの内容

この結果から、老後の生活設計や健康に関する悩みや不安が特に顕著であり、年齢や性別によっても悩みの内容には差異が見られることがわかります。

年齢別に見ると、「老後の生活設計について」を悩みや不安の対象として挙げる割合は50歳代と60歳代で最も高くなっています。一方、「自分の健康について」を悩みや不安の対象として挙げる割合は60歳代と70歳以上で高まっており、「今後の収入や資産の見通しについて」は30歳代から50歳代で高くなっています。

18歳から29歳の年齢層のみを割合の高い順に並べ替えたデータです。

回答18~29歳
進学、就職、結婚、子育てなど、自分の生活上の問題について65.2
今後の収入や資産の見通しについて61.5
現在の収入や資産について51.9
老後の生活設計について34.8
自分の健康について29.6
勤務先での仕事や人間関係について27.4
家族の健康について22.2
進学、就職、結婚、子育てなど、家族の生活上の問題について14.8
家族・親族間の人間関係について4.4
その他3
近隣・地域との関係について0.7
事業や家業の経営上の問題について0.7
不安や悩みの内容・18~29歳

18歳から29歳の年齢層では、人々が最も悩みや不安を感じているのは「進学、就職、結婚、子育てなど、自分の生活上の問題」です。この項目が最も高い割合を示しています。次に、「今後の収入や資産の見通し」が続きます。

また、若い世代であるにもかかわらず、「老後の心配」も意外にも高い順位で4番目になっており、若いうちから老後のことを心配する人が多いことがわかります。これは、現代の不安定な社会状況による影響や将来への不確実性を感じる要素が関与している可能性があります。

参考

生命保険文化センターが行った調査結果(令和4年度)で、老後生活に対する不安の1位は「公的年金だけでは不十分」が1位です。

働く目的

働く目的について質問結果です。

  • 「お金を得るために働く」と回答した人の割合は63.3%です。
  • 「社会の一員として、務めを果たすために働く」と回答した人の割合は11.0%です。
  • 「自分の才能や能力を発揮するために働く」と回答した人の割合は6.7%です。
  • 「生きがいを見つけるために働く」と回答した人の割合は14.1%です。

性別に関しては、男性において「社会の一員として、務めを果たすために働く」と回答した人の割合が高くなっています。

年齢別に見ると、18歳から29歳と50歳代の人々が「お金を得るために働く」と回答した割合が高くなっています。一方、70歳以上の人々が「社会の一員として、務めを果たすために働く」と「生きがいを見つけるために働く」と回答した割合が高いです。

全データはPCでのみ表示

回答総数男性女性18~
29歳
30~
39歳
40~
49歳
50~
59歳
60~
69歳
70歳
お金を得るために働く63.361.464.979.376.976.175.261.640.8
社会の一員として、務めを果たすために働く1113.88.65.495.69.713.415.5
自分の才能や能力を発揮するために働く6.77.46.17.688.46.56.55.3
生きがいをみつけるために働く14.113.314.766.18.87.715.225.3
無回答4.94.15.71.61.113.313
働く目的

女性と18~29歳のデータです。

回答女性18~29歳
お金を得るために働く64.979.3
社会の一員として、務めを果たすために働く8.65.4
自分の才能や能力を発揮するために働く6.17.6
生きがいをみつけるために働く14.76
無回答5.71.6
働く目的

経済的な安定性や老後に関する不安を抱える人々が、お金を得るために働くという目的を持っているのは理解できます。これは、将来の不安要素を軽減するために現在の働き方や経済的な努力に焦点を当てていることを示しています。

老後が不安でも逃げの結婚はリスクが高い!?

昔は、女性が結婚後は専業主婦になることが一般的でした。しかし、最近では結婚しない人も増えてきました。一部の人は結婚すれば安定した生活が送れると期待していますが、現実はそう単純ではありません。離婚率が高いことや、パートナーとの関係で困難が生じることも少なくありません。

女性も稼ぐ力があった方が良い

女性自身が一人でも働き、収入を得る能力を持つことが大切です。結婚は否定するわけではありませんが、離婚問題だけでなく、将来的にパートナーが働けなくなる可能性も考慮する必要があります。

結婚は素晴らしい経験であり、パートナーシップの一形態です。しかし、自分自身が収入を得る方法を見つけることは、女性の自己実現や独立性を高めるだけでなく、経済的な安定ももたらします。自分のスキルや才能を活かした仕事やキャリアを追求し、自己成長を重ねることで、将来に備えた安定した生活を築くことが可能です。

女性に自立してほしい男性

また、最近のデータからも分かるように、男性たちはパートナーに対して働いてほしいと思う人が増えています。

驚くべき動画もありました。ある有名なお金持ちとされる若い男性ユーチューバーが、「自分に100%お金の面で頼られることに不安を感じる。女性には自立してほしい」と述べていました。お金に余裕があっても、現代では男性たちも女性に自立してもらい、お互いを助け合うことを望んでいるようです。

このような考え方は、男性の価値観や社会の変化によるものと言えるでしょう。現代では、男女が対等な関係を築き、経済的な自立を共有することが求められています。

お金による老後の不安にサヨナラ!安定収入を手に入れる賢明な方法

ライフプランニング

安定収入の確保のための方法です。

  • 確実な収入源の確保する
  • スキルや知識の習得する
  • 副業や投資の検討する
  • 自己雇用や起業を検討する
  • ファイナンシャルプランニング

これらの方法は一般的なアイデアですが、実現するには努力と計画が必要です。目標を明確にし、一歩ずつ前進していくことが大切です。また、他の人と比較せずに自分自身のペースで進めることも重要です。

確実な収入源の確保する

安定した収入を得るためには、確実な収入源を持つことが重要です。高需要な職業、安定した雇用や定期的な収入が見込める仕事を選ぶことが一つの方法です。

また収入のみでなく、費用の見直しもしてみましょう。

  • 生活費の見直し
  • 住居の見直し
  • 健康保険の見直し
  • 負債の返済

スキルや知識の習得する

将来の安定した収入を得るためには、自身のスキルや知識を高めることが重要です。市場で需要のあるスキルや資格を取得することで、自身の価値を高めることができます。オンラインのコースなどを活用することも有益です。

副業や投資の検討する

追加の収入源を確保するために、副業や投資を検討することもあります。自分の趣味や得意な分野に関連した副業を見つけるか、投資を通じて資産を増やすことで将来の安定収入を確保することができます。ただし、投資にはリスクが伴うため、注意が必要です。

自己雇用や起業を検討する

自分自身を雇用主として働くことや独立して起業することも、確実な収入源を確保する方法の一つです。自分のスキルや経験を生かしたビジネスを始めることで、自らの収入をコントロールすることができます。

ファイナンシャルプランニング

将来の安定収入を手に入れるためには、資金計画を立てることが重要です。将来の収入と支出を見据え、資金を効果的に管理するための計画を立てることで、不安を軽減することができます。専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

老後の安心を追求するならお金と健康の両立が不可欠!

健康も大事

老後の安心を追求するには、お金と健康の両方の要素をバランスよく備えることが重要です。十分な資金や安定した収入を確保するだけでなく、健康を維持し生活の質を高めることも欠かせません。

お金だけでなく健康にも気を配ろう

お金の面では、将来の生活費や医療費を見据えて適切な貯蓄や投資を行い、確実な収入源を築く必要があります。また、借金を減らし(ある場合)、負債を完済することも重要です。これにより、老後における経済的な不安を軽減し、安定した生活を送ることができます。

一方、健康の面では、定期的な健康チェックや予防医療に積極的に取り組み、健康的な生活習慣を維持することが必要です。適度な運動やバランスの取れた食事、ストレスの管理などが健康をサポートし、老後の健康問題や医療費の増大を予防するのに役立ちます。

若いうちから気を付けよう

若い人の中には、無理なダイエットをする人が多いと思われます。実際、私自身もその経験があります。過度なダイエットや急激な体重変動を繰り返すことで、年を取ったときに血糖値が高くなるなどの健康問題(例えば糖尿病や糖尿病予備軍)が発生しました。このような問題に直面するまで、バランスの取れた食事の重要性に気づくことができませんでした。

食事は私たちの健康にとって非常に重要な要素です。栄養バランスの取れた食事を摂ることは、健康を維持するために欠かせません。過度な制限や偏った食事は、栄養不足や代謝の乱れを引き起こす可能性があります。これが長期的に続くと、病気や体調不良のリスクが高まります。

若い方には、健康を害することなく理想の体型を目指すために、バランスの良い食事と適度な運動の重要性を強調したいと思います。極端なダイエットや急激な体重変動を避け、食事の栄養バランスに気を配ることが大切です。また、個々の身体的特徴や健康状態を考慮し、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

私のように、過去に失敗や健康問題を経験した人からの警鐘として、健康を大切にし、バランスの取れた食事と健康的なライフスタイルを追求してほしいと思います。

まとめ

老後の安心を追求するためには、安定した収入と健康の両立が不可欠です。若い時から賢く準備をし、将来への安心を築くための選択肢を探りましょう。

データから老後を心配する人の割合や不安の内容を知ることで、自身の立場を把握しやすくなります。結婚やパートナーの選択においてはリスクが高いことを考慮し、女性も自立して収入を得る力を持つことが重要です。

確実な収入源の確保やスキル・知識の習得、副業や投資の検討、起業の検討など、安定収入を手に入れるための賢明な方法があります。また、ファイナンシャルプランニングを行い、お金と健康の両立を図ることも大切です。若いうちから健康にも気を配り、バランスの取れたライフスタイルを心掛けましょう。老後の安心を追求するためには、経済的な面だけでなく健康にも注意を払いながら、将来への準備を進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次