IT業界未経験者の転職のために取っておきたい資格とは

 

IT業界からの求人募集はたくさん出されていて、求職者もたくさんいます。その中には経験者も未経験者もいるわけですが、未経験者の場合にはすでに持っているスキルや知識があるわけではないので、求人募集によってはなかなか採用されにくいというデメリットがあるかもしれません。しかし、少しでも採用に近づくためには、IT業界で働いた経験がなくても資格を取得しておくという方法もあります。

 

IT業界の転職で役立つ資格にはいろいろあります。MCPやLINUXプロフェッショナル認定資格、基本情報技術者資格、CCNP、XMLマスター、シスコ認定資格、プロジェクトマネージャー、SAP認定コンサルタントなど、たくさんありますが、IT業界で働いた経験がない全くの未経験者にとっては取得が難しいものも多いので、何を取得するかについては自分の趣味やスキル等に合わせて決めると良いでしょう。

 

未経験者におすすめの資格には、マイクロソフト系の認定資格があります。WEBの開発やアプリケーションの開発を行うエンジニアのお仕事に求められるスキルを取得できる資格が多いですし、難易度が簡単なものもあるので、未経験だけれど待遇が良いお仕事をゲットしたいという人にとっては、ぜひ転職に向けて取得しておきたい資格と言えるかもしれませんね。

 

ただし、未経験者の場合には、まったく資格を持っていなくても「未経験者歓迎」の求人募集を見つけて応募すれば、採用されることはできます。資格は実際に働き始めてから取得することができますし、実際に働きながら資格を取得してスキルアップ転職する人はたくさんいます。そのため、転職前に資格が全くないからと言って焦る必要はありませんし、未経験者OKの求人なら、資格がないからという理由で不採用になる心配はありません。どうしても何か取得しておきたいという場合には、パソコン検定などを受けて、基本的なパソコンの操作には問題がないことをアピールするという方法も悪くないのではないでしょうか。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界未経験者のためのおすすめ資格

 

IT業界では、スキルや専門知識があれば、年齢や学歴に関係なく比較的転職しやすいと言われていますし、未経験者でも比較的採用されやすい業界と言われています。確かに、20代の場合だと未経験者でスキルや専門知識がそれほどなくても、やる気や情熱があれば転職することは難しくないのですが、30代や40代になると、20代と同じような条件ではいくら未経験者歓迎のIT業界でも、転職に成功することは難しくなってしまいます。特に、普段の仕事でITとは無関係の仕事をしている人だと、即戦力になると判断される材料がないため、満足できる条件で転職することは難しいかもしれませんよね。

 

そこで、未経験者の人でも転職に成功する確率をアップしてくれるのが、持っていると便利な資格です。IT業界で有効な資格はたくさんありますが、全部が必要というわけではなく、やりたい仕事に関する資格を自己学習や通信教育などで勉強をして、資格取得を目指すと良いでしょう。IT業界で実際に働いている人の多くが持っていると良いという資格はいくつかありますが、その中でもおすすめなのは基本情報処理技術者の資格ですね。IT業界で働く人の約2人に1人は持っていると言われている資格なのですが、持っていることによって採用に近づくことは間違いないという人もいるほどですその他には、情報セキュリティやデータベーススペシャリストなどの資格も良いでしょう。

 

IT業界未経験者にとって、基本的なパソコン業務ができることを証明できる資格には、マイクロソフト系のものがありますが、マイクロソフトオフィスのワードやエクセルなどに関しては、IT業界で働く人だとできて当然のレベルなので、あえて履歴書などでアピールする必要はありません。逆に記入すると、このレベルしかできないのかと思われてしまう可能性があるため、もしもアピールしたい場合には履歴書ではなくて面接の際に、もちろんオフィスは使えます、という感じでさりげなく面接官に伝える程度にしましょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら