IT業界未経験のための転職志望動機について

 

未経験者の人でもIT業界へ転職することは可能です。しかし、これまでIT業界での経験が全くない人にとっては、どんな理由でこの業界で働きたいと思ったのか、その志望動機を考えることは、簡単そうで意外と難しいのではないでしょうか。未経験者の中には、なんとなくITというと次世代の業界という気がしてカッコいいから働いてみたいとか、WEBが大好きだからWEBと関係できる仕事がしたいなど、漠然とした志望動機を持っていて、果たしてそれを面接で言っても大丈夫なのか不安だという人もたくさんいます。

 

IT業界への転職でも、基本的な転職のプロセスは他の業界と変わらず、書類選考を行った後で面接が行われ、その後で採用か不採用が決まることになります。面接で聞かれることも他の業界とあまり変わりはなく、志望動機は必ず聞かれる質問と考えて良いでしょう。経験がある人なら、持っているスキルを活かしたいとか、ワンレベル上の仕事をしてみたいなどの志望動機で問題ありませんが、未経験者にとっては、志望動機をどのように答えるのか、難しい所です。

 

まず、IT業界で働きたいという志望動機を考える際には、自分がこの業界でどんな点で貢献できるのかをよく考えることから始めましょう。自分が持っているスキルや知識を生かせるのか、自分の性格や考え方をどんな風に生かせるのか、具体的にIT業界と関係ないことでも良いので、どんな風に自分が貢献できて、どんな風に働きたいのかを考えることで、志望動機を見つけやすくなります。

 

また、過去の経験を生かして志望動機に結び付けるという方法もアリです。IT業界と直接関係がなくても良いのですが、留学とかサークルとかアルバイトなど、過去に一生懸命に取り組んだものがある場合には、それをどんな風に頑張ったのか、そこから何を学んだのかという点を述べ、それをIT業界で活かしていきたいという志望動機に結び付けても良いでしょう。企業側にとっては、未経験者に専門的な知識やスキルを求めているわけではないので、自分の性格や経験などと結び付けるのが良いかもしれませんね。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界未経験のおすすめの転職志望動機

 

IT業界にかかわらず、どんな業界でも転職する際には面接試験を受けることになります。面接試験ではいろいろな質問がされるので、あらかじめ答えを準備しておくことが必要なのですが、どの業界でも必ずされる質問があります。その一つが、「志望動機」ですね。志望動機は、履歴書の中にも記載するスペースがありますが、面接の際にも同じ質問がされます。履歴書の中ではスペースが限られているので、志望動機を簡潔に記入する必要がありますが、面接の際には口頭なので、履歴書に書ききれなかった部分を細くしながら、面接官に好印象を与える志望動機でなければいけません。

 

転職を考える際の志望動機にはいろいろなものがあり、決してポジティブなものばかりではありません。人によっては、現在の職場で人間関係のトラブルに巻き込まれたとか、残業が多すぎて慢性的な疲労に陥っているなど、現在の仕事を辞めたいから転職するという人もいるでしょう。

 

もちろん、自分の気持ちの中ではどのような志望動機で仕事探しをするのかは自由ですし、決まったルールなどはありませんが、面接の際に面接官に伝える志望動機は、かならずポジティブなものでなければいけません。今の仕事が嫌だから、というものではなく、転職してこのような仕事をしたいから、という前向きなものが必要なのです。転職の理由によっては、まったく気持ちとは裏腹な志望動機を述べることになりますが、たくさんある求人の選択肢の中から一つの企業を選んだ頃にはポジティブな理由があるはずです。そこを上手にまとめて志望動機にからめると良いでしょう。

 

具体的にどのような志望動機が高評価なのでしょうか。おすすめなのは、自分が持っているスキルや知識をステップアップしたいという志望動機ですね。IT業界での転職は、ステップアップやキャリアアップという理由で転職する人がとても多いですし、そのために転職回数が他の業界よりも多いという傾向があります。その辺もうまく関連付けた志望動機を考えましょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界転職志望動機のNGとは

 

IT業界に関係なく、転職を考える理由は千差万別です。現在の職場ではチャレンジできないスキルや職務、専門知識を得るために転職を考える人がいれば、現在の職場ではお給料が安すぎるとか、人間関係が良くないなど、ネガティブな理由で転職を希望する人もたくさんいます。どのような理由でも転職することは間違ってはいないのですが、転職の際には必ず面接を受けることになり、その面接では必ず「志望動機」について質問されるので、面接官に好印象を与えられるような志望動機をきちんと準備しておきたいものです。

 

志望動機の中で、理想的なのは、現在自分が持っているスキルや知識をステップアップ、もしくはキャリアアップさせたいという理由での転職ですね。これはIT業界出はとても一般的なことなので、面接官へ悪い印象を与えることはないでしょう。ただし、多くの求職者がこの志望動機によって転職活動をするので、面接官に強烈な印象を与えることも難しいというデメリットがあります。

 

それでは、絶対に避けたほうが良いNGな志望動機はどんなものがあるのでしょうか?それは、ネガティブな印象を与える志望動機ですね。仕事に関すること、職場に関すること、自分自身に関すること、どんなものでも、面接官にネガティブな印象を与えてしまったり、他人の悪口を言っているようなイメージを与えてしまうもの、自分の性格や情熱に対して疑いを持たせてしまうような志望動機は、絶対に避けるようにしましょう。

 

例えば、仕事に関する志望動機では、「現在の職場では上級レベルにチャレンジさせてくれない」という不満を言うよりも、「転職することによって上級レベルの職務にもチャレンジしたい」とポジティブな言い方に変えることによって、面接官にはガラリと違う印象を与えることができます。また、職場に関することでも、「職場の雰囲気が悪い」とか「人間関係がイマイチなので」というネガティブな志望動機はNGですが、言い方を変えて「たくさんの人とコミュニケーションを取りながら、常に切磋琢磨できる環境で働きたい」と伝えたほうが、面接官にとってはプラスの印象を与えることができるでしょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら