40代未経験のIT業界転職について

 

40代の未経験者がIT業界へ転職することは不可能ではありません。しかし、簡単でもないということは、仕事探しを始める前にシッカリと理解しておく必要があります。40代未経験者の転職が難しいというのは、IT業界だけに限ったことではなく、どの業界でもそうなのですが、経験やスキルを活かしたヘッドハンティング的な転職はあっても、未経験者の受け入れに対しては企業はそれほど積極的ではありません。IT業界の場合、即戦力になる人材を採用したいと希望する企業が多いので、どうしても未経験者なら若い人材を採用して、育成したいと考えるようですね。未経験者の場合には即戦力となるわけではありませんし、研修や教育などによって人材育成をすることになるわけですが、40代の場合には果たして長期的に企業にとってプラスの資産になるのかどうかという点で疑問となるケースが多いようです。

 

もしも40代未経験者がIT業界への転職を希望する場合には、できるだけ業界の事情や働き方、仕事探しに精通しているプロのサポートを受けたほうが良いので、ギークリーのようなIT業界の求人に特化した転職サイトを利用する方法がオススメです。どんなお仕事なら40代未経験者でもこなしやすいのか、どんな待遇や条件が働きやすいのかを適切にアドバイスしてくれますし、たくさんの求人の中から自分に合ったものを迅速に紹介してくれるなどのメリットが期待できます。1人だけで仕事探しをしていても、独りよがりでなかなか採用につながらないことになりかねません。プロのサポートを受けながら仕事探しをすることが、40代の転職では必要なのではないでしょうか。

 

また、40代で転職する場合には、その先にやってくる定年退職も見越した仕事探しをすることが大切です。IT業界は定年退職制度自体がなかったり、合っても定年退職金の制度が完備されていない所がたくさんあります。もしも現在の職場で働き続ければ退職金を受け取れるという場合には、これからあえて転職して退職金を受け取れる権利を放棄してしまうよりも、不本意であっても現在の職場を続けたほうが将来的にはプラスになるという可能性があります。定年退職というゴール地点がそろそろ見え始める年齢だからこそ、仕事探しは長期的な視点で考えたいものです。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



40代未経験でIT業界へ転職する人は多いか

 

IT業界は、スキルや専門知識、実力があれば、比較的年齢や学歴に関係なく転職しやすいと言われている業界なのですが、完全な未経験者の場合には、やはり年齢が高くなればなるほど、採用されることは難しくなってしまうものです。これはIT業界業界に限ったことではなく、社会人は年齢を重ねることによって、年齢相応のスキルを持っていると考えられていますし、企業側もそれを期待することが多いためですね。もちろん、40代になると社会人としての経験や仕事に関する専門知識などは持っているわけですが、そうしたスキルを活かすことができない業界や職種への転職を希望する場合には、どうしても未経験者という扱いになってしまいます。経験者という扱いで転職する場合だと、条件面や待遇面で上を狙うことは可能ですが、未経験者となってしまうと、条件面や待遇面で積極的に妥協する姿勢がなければ、40代での転職に成功することは難しいでしょう。

 

転職フェアなどは全国各地で頻繁に開催されていますが、近年では40代以上の求職者が急増しています。その中にはもちろん未経験者もいるわけですが、同じ40代でもしっかり転職に向けて準備をしたかどうかによって、採用か不採用かの運命は大きく変わってきます。例えば、未経験者にとっては少しでもIT業界とのつながりや即戦力になり得るというアピールが面接の際には必要不可欠なので、資格を取得することは、40代の転職に成功するためのポイントとなります。資格の中には難易度が高いものはたくさんありますし、それほど難易度が高くないものまで幅広くあります。最初は初級レベルのものでも良いので、少しずつ切磋琢磨しながら上級資格を取得することは、40代で転職する際には、大きなプラスとなります。

 

IT業界には、35歳が転職限界年齢という都市伝説があります。これは、プログラマーのような職業は、35歳を過ぎてしまうと学習能力が低下してしまうために転職することが難しくなってしまうのではないか、というものなのですが、実際にはそういうことはありません。35歳以上の40代でも転職に成功している人はいるので、あきらめずに頑張りましょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら