30代未経験のIT業界転職について

 

IT業界で働いた経験がない未経験者だけれど転職したいと希望する30代はたくさんいます。30代の転職になると、20代とは異なり、未経験者の場合には仕事探しが難しくなりますが、それでも求人はゼロではないので探せば見つけることはできるでしょう。求人募集がたくさん出されているIT業界ですが、30代の未経験者となると、求人自体は限られてくるので、仕事探しをする際には、あまり自分の条件や希望にこだわりすぎず、ある程度フレキシブルに対応出来る心構えが必要となります。

 

30代の転職で気をつけることはいくつかあります。まず一つ目は、お給料などの条件や待遇です。どの業界でもそうですが、未経験者OKの求人は、一般的にお給料などの待遇面がイマイチなことが多いもの。20代の頃なら経験者向けの求人でもお給料はそれほど高くは設定されていないことが多いのであまり大きな差はありませんが、30代になると、経験者優遇の求人と未経験者歓迎のお仕事とでは、お給料面で大きな差がついてくることがあります。転職することによってお給料が下がってしまう可能性もあることは、よく理解しておきましょう。

 

また、これまでIT業界での経験がない人にとっては、これから飛び込む業界は全くの未知の世界となります。WEBなどのITを実際に利用する側と、開発する側とでは、テクノロジーとの向き合い方が全く異なります。ITを利用するのが大好きだからという気持ちで転職すると、もしかしたら働き始めてから「自分がやりたかったことと違う」という後悔につながりかねません。IT業界では、どの分野でもプログラミングやスクリプトは必要不可欠なスキルですし、どんどん新しい技術が出てくるので、自主的に学んだり研修を受ける姿勢なども求められます。30代になると20代よりも頭の回転は多少なりとも鈍り始めますから、自分にとって長く続けられるお仕事なのかどうかをシッカリ判断した上で、転職活動をするようにしたいものです。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



30代未経験でIT業界へ転職するための準備

 

IT業界では、学歴や年齢に関係なく、スキルや専門知識があれば30代でも比較的転職しやすい業界と言われています。しかし、まったくの未経験者の場合には、転職しやすいIT業界でも年齢が高くなるにつれて、採用されにくくなってしまうことは否めません。20代の場合には、社会人としてのキャリアやスキルはそれほど高いレベルを求められているわけではないため、未経験者でも比較的転職しやすい状況にありますが、30代に入ってしまうと、まったくの未経験者だとIT業界でも仕事探しは少し工夫が必要になります。

 

30代になってからの未経験転職は、IT業界に限らず簡単ではないということは、まず最初に理解しておきましょう。転職するなら誰でも高待遇で好条件のお仕事を見つけたいものですが、30代で未経験者の場合には、そうした条件よりもまず自分が採用されやすい求人を見つけることが優先となります。例えば、正社員という雇用形態だけではなくてパートとか人材派遣なども含めて仕事探しをするとか、お給料がイマイチだなと思っても未経験者可とあれば応募するなど、幅広くフレキシブルな仕事探しをする姿勢がとても大切です。

 

また、30代になるとどの業界でも年齢相応のキャリアやスキルが求められるという点も理解しておきましょう。IT業界と言っても職種はたくさんありますから、もしかしたら自分が持っている経験やスキルを活かしてIT業界似係ることができるお仕事があるかもしれません。まずはそうした突破口を模索することもまた、30代の未経験者転職では必要な準備と言えるでしょう。さらに、仕事としてIT業界と関係していなくても、趣味や特技などで即戦力となるスキルを持っていれば、企業は歓迎してくれるかもしれません。そのためには、専門性のある資格を取得するということもまた、未経験者の転職に成功するポイントとなります。しっかり準備することによって、未経験でも採用される確率は高くなるので、30代だからと言ってあきらめる必要はありませんよ!

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら