20代のIT業界への転職について

 

IT業界への転職は、20代ならとても簡単に見つけることができるでしょう。その理由は、未経験歓迎の求人がとても多く、その多くは20代をターゲットにしているものだからです。IT業界は現在でも右肩上がりで成長を続けている業界で、これからもどんどん新しいテクノロジーの開発によって成長し続けることが予想されています。そのため、新しい企業が全国各地で増え、求人募集もたくさん出されています。

 

通常の場合、転職というと専門的な知識やスキルを持っていることが求められるため、全く経験がない未経験者にとっては転職先を見つけることは簡単ではありません。しかし20代の場合だと、すでにその業界で働いている人でも、スキルや経験という面ではそれほど高いわけではないので、現在未経験でも経験者と比較してそれほど後れを取っているわけではないと判断されることが多いようです。20代なら未経験でも転職しやすいというのは、そうした年齢的な理由や、社会人歴が大きく関係しているのかもしれませんね。

 

IT業界への転職を希望する場合、自分が具体的にどんな仕事をしたいのかをよく考えながら転職先を探すと良いでしょう。IT業界と言っても職種や分野はたくさんあり、求められるスキルや知識は異なります。そこで学ぶスキルを生かして次の転職先を探すことになりますから、どの分野で働きたいのかを最初に考えて、それにあった求人を見つけることは、IT業界で長くキャリアを積むためには最初にしておきたい必要不可欠な作業なのです。

 

20代の転職は、どの求人もお給料の面では大きな差はありません。長く勤められる企業を見つけたい場合には、30代や40代の平均年収を比較しながら企業選びをするという方法もアリです。ただし、IT業界では転職する頻度が他の業界よりも多いですし、福利厚生などはあまり充実していない企業もたくさんあるので、色々な面を比較しながら自分にピッタリの仕事探しをするのがおすすめですね。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



20代でIT業界するための転職ポイント

 

IT業界に関わらず、20代という年代は転職するには最も適した理想的な年齢です。その理由は、20代というとまだ学校を卒業して社会人になってからそれほど長い年月が経っているわけではなく、企業側が求職者に対してそれほど高いスキルや専門知識を求めていないからです。例えば新卒就職をみると分かりますが、どんな企業でも新卒者に対して専門知識やスキルを求めたりはしませんよね。職務を遂行するにあたって基本的な知識やスキルが必要な場合には、そうした人材を採用することはありますが、本人のやる気や性格、社風に合っているかどうかという点が重要なポイントになることが多いものです。20代の転職の場合には、新卒就職と全く同じというわけにはいきませんが、年齢が低ければ低いほど、専門的なスキルや知識がなくてもIT業界経転職しやすくなることは言うまでもありません。もしも現在20代で、近い将来にはIT業界への転職を希望している人がいるのなら、専門的な知識やスキルを身に着けたうえで経験者として転職するか、それともできるだけ早いうちに未経験者可のお仕事を見つけて転職するか、どちらかを選ぶことになります。

 

20代でIT業界へ転職する際のポイントは、持っているスキルや知識がある場合には、それを生かした転職がおすすめですが、そうしたセールスポイントがない場合でも、やる気や学ぶ姿勢をアピールすることによって採用につながるケースは少なくありません。また、IT業界は残業が多い企業が一般的なので、与えられた仕事を責任もって遂行するためなら残業することも厭わないという姿勢を見せることもまた、好印象を与えることができるかもしれません。ただし、残業します、というだけでIT業界に採用してもらえるということは決してありませんし、残業することを良しと企業側が大々的に公表しているわけではないため、その点は間違えないようにしたいですね。現在IT業界とは関係ない企業で働いている人でも、基本的な資格などを取得することで採用に近づくことはありますし、未経験者可のお仕事ならそうした資格がなくても比較的転職しやすいので、どんな求人を狙うかという点もまた、20代の転職に成功するポイントとなります。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら