IT業界への転職と年齢について

 

どんな業界でも、年齢によって転職の難しさは異なります。20代の頃なら、特に経験やスキル、専門的な知識がなくても未経験者歓迎の求人がたくさん出されているので、全く異なる業界への転職もそれほど難しいわけではないでしょう。しかし、年齢を重ねることによって企業側が求職者に求める条件が変わってくるので、専門的な知識やスキルがない人にとっては、転職したいという気持ちがあってもなかなか現実的に採用してくれる企業を見つけることは難しくなってしまいます。

 

IT業界の場合には、ほかの業界と比べると比較的年齢に関係なく、転職先を見つけやすいという特徴があります。これは、IT業界では年齢を重ねるほど専門的な知識やスキルがアップするというわけではなく、個人のやる気次第では若い年齢でもかなり高いスキルを持つことは可能という点や、業界自体が即戦力になる人材を求めているため、通常ならなかなか転職先が見つかりにくい年齢の人でも、即戦力になれれば採用される可能性は高いという点があげられます。また、この業界ではスクリプトやプログラミング言語など、ほかの業界とは全く異なるスキルや知識が必要になりますし、持っていなければ日常業務をこなすことすらできないため、こうしたスキルを持っている人なら年齢に関係なく採用されやすいのです。

 

IT業界への転職と言っても、どのようなお仕事をしたいのかによって対象となる求人は異なりますし、分野ごとにどのような経験やスキルが求められるかも異なります。比較的、転職回数が多くても仕事を探す際にはデメリットにならない業界なので、スキルアップのために転職するという人は多いようですね。回数が多いこと自体はマイナスではありませんが、その理由によってはマイナスになってしまう事はもちろんあるので、転職する際には、その先でどのようなスキルや専門知識を学ぶことができて、自分にとってどのようなスキルアップができるのかをよく考えたうえで仕事探しをするようにしましょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界転職するための年齢の限界

 

IT業界は、業界の急激な成長と人材育成のバランスがまだとれておらず、これから東京オリンピックの開催に向けてさらに人材不足が深刻になると言われている業界です。そのため、年齢や学歴に関係なく、スキルが知識があったり、即戦力として働けそうな人材なら、積極的に採用してくれる企業はたくさんあります。その点では、IT業界では転職できる年齢の上限はかなり高めと言えるのではないでしょうか。

 

IT業界への転職は、年齢や学歴によって採用か不採用かが決まるというよりは、持っているスキルや専門知識によって採用か不採用かが決まることの方が多いという特徴があります。20代前半なら、IT業界におけるスキルが全くなくてもやる気や根気を見せれば採用してもらえることはありますが、20代後半になってくると、専門知識やスキルを活かした転職者が多くなりますし、30代になると持っているスキルを活かしたステップアップ転職やキャリアアップ転職を考える人が増えるため、未経験者にとっては年齢が高くなればなるほど転職に成功することは難しい業界ともいえます。しかし、スキルや専門知識を持っていれば、年齢を重ねていても比較的転職先を見つけることはできるので、40代だから転職できない、ということはありません。IT業界においては、持っているスキルや専門知識、そして資格がとても重要なのです。

 

現在ITとは全く関係がないお仕事をしていて、近い将来にIT業界への転職を考えているという人は、できるだけ年齢が低いうちに転職することをおすすめします。未経験者可のお仕事はたくさんありますし、待遇面ではイマイチでも、まずは経験を積むことを優先した仕事探しが良いでしょう。ある程度経験を積んだうえで、経験者優遇の高待遇なお仕事へと転職すればよいのですから。また、転職の際には客観的に持っているスキルをアピールする方法の一つとして、専門分野に関係する資格などを取得するという方法も有効です。特に、保持者が少ない高度な資格があれば、年齢に関係なく転職しやすくなることは間違いありませんね。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら