IT業界と転職回数について

 

IT業界は、ほかの業界と比べると転職回数は多いと言われています。また、この業界は他の業界に比べると、中小企業の占める割合が圧倒的に大きく、スキルやキャリアを生かしてどんどん転職する傾向にあります。この業界で転職回数が多い理由はいくつかあります。

 

まず1つ目は、企業ごとに業務内容が限定されていることが多いことがあげられます。IT業界では、それぞれの企業がすべての工程を担当するわけではなく、役割分担になっていることが多いものです。そのため、1つの企業で働いていると、その分野やエリアに関しては専門的な知識や高いスキルを身につけることができますが、ほかの分野に関しては学ぶことが難しくなってしまいます。そのため、自分自身で成長できないと判断した時には、別の企業へ転職して、別のスキルや専門知識を身につける人が多くなるわけです。業界の側もそれは十分に理解しているため、転職回数が多くても、スキルや知識面で長けている人なら問題なく採用されます。

 

また、IT業界は分野がたくさんあり、それぞれ微妙に必要なスキルや知識、適性などが異なります。職種にしても、プログラマーからシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、デザイナーとたくさんの種類があり、それぞれ適正は異なります。実際に働いてみなければどんな分野が自分に合っているのか分からないことが多く、働いた後になんとなく自分のやりたいこととは違うなと感じて転職する人も多いようですね。

 

転職回数が多いことには、ほかにも理由があります。それは、実際に働いてみると現実が考えていたものとは大きく異なると実感した時です。未経験者の人に多いのですが、WEBをはじめとするIT業界のお仕事は、華やかで画期的な技術を駆使していて、とても楽しく働けるというイメージが強く、憧れや理想を抱いて転職する人がたくさんいます。しかし実際に働き始めてみると、プログラミングやスクリプトと格闘する毎日が続いたりして、考えていたお仕事ではないと分かることがあります。そうしたギャップによって、転職を考える人が多くなるというのも、理由の一つと言えるでしょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界での転職回数が多い理由

IT業界は他の業界と比べると、転職回数は多いと言われています。日本社会では終身雇用が崩壊してからは転職することがより一般的になりましたが、それでも大企業に勤務する人などは新卒入社から定年退職まで一回も転職したことがないという人も少なくありません。そのため、日本社会全体をみると、平均的な転職回数は2回未満となっています。しかしIT業界の場合には、平均転職回数は4回未満となり、多くの人は平均して3回以上の転職を経験しているというデータがあります。ほかの業界と比べると、この数字は多いですよね。

 

IT業界での転職回数が多いことには、いくつかの理由があります。まず、この業界では与えられる職務の幅が限定されているため、経験を積んでもおなじ職務レベルばかりで上級レベルの職務を任せてもらえないということは少なくありません。そのため、もっと上級レベルの仕事にチャレンジしたいという理由で転職する人はとても多いのです。

 

また、IT業界と言っても企業ごとに細かく対応する範囲や分野が限られているため、スキルを活かして幅広い分野の仕事に挑戦したいと考えると、転職という選択肢しかないことも多いものです。自分のスキルやエンジニアとしての経験値を高めたいという理由での転職は、IT業界ではとても一般的な転職理由となっています。

 

さらに、業界全体が転職に対して寛容であることもまた、転職が多い理由の一つと言えます。例えば、転職したけれど自分のイメージとは違っていたという理由で次の転職を考える人はたくさんいますし、転職先がブラック企業で尋常ではない残業を強要されることになった、なんていう時にも転職直後に次の転職を考える人もいます。転職しやすい環境にあるため、いろいろな理由で気軽に次の仕事へと移動しやすいのかもしれませんね。スキルや経験、専門的な知識があれば過去の転職回数や年齢に関係なく転職に成功しやすい業界なので、他の業界寄りも転職が多いというのは、IT業界の大きな特徴の一つとなっています。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら