IT業界へ転職するために有利な資格とは

 

IT業界への転職を希望している人はたくさんいますし、求人募集もたくさん出されています。しかし、なかなか希望するところに採用されないという人は意外と多いのではないでしょうか。少しでも採用に近づくためには、求人募集で出されている人材に求められる専門知識やスキル、資格などを持っているのが有利になるわけですが、その中でもどんな資格を取得すれば良いのか模索している人はたくさんいます。

 

IT業界への転職において、持っていなければいけない資格というものはありません。しかし、持っていると採用に有利になる資格ならたくさんあります。例えば、これまでIT業界で働いた経験がない人なら、IT業界に関する初歩的な知識を持っていますと言うことがアピールできるITパスポートという資格を取得してみてはいかがでしょうか。初級レベルの資格なので、すでにIT業界で働いた経験がある人にとっては無視して問題ないレベルの資格ですが、未経験者にとっては持っていると少しだけプラスになることが期待できます。

 

基本情報技術者の資格もおすすめです。IT業界で働いている人なら、すでに取得している人がたくさんいるので、大きなアピール効果にはならないかもしれませんが、未経験者として転職を希望している人なら採用に近づくことは間違いありません。この試験は、年に2回開催されている試験で、ある程度プログラミングの知識が必要になったり、表計算のスキルも求められるので、しっかり準備をして取り組みたいですね。

 

情報処理系の企業への転職で有利になる資格は、応用情報技術者という資格です。難易度が高いので気軽に挑戦できるレベルではありませんが、持っていれば一目置かれることは間違いありませんし、転職の際にも有利になるようです。ソフトウェア企業やハードウェア企業においては、この資格は持っていても役に立たないのであまり効果はありませんが、SI企業への転職を希望する人なら、ぜひ取得したい資格です。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界転職に有利な資格

 

IT業界ではほかの業界と比べると転職回数は多いのですが、ただ転職するのではなく、仕事を変えることによって収入をアップしたり、レベルの高い仕事ができるなど、転職によってプラスとなる要素のある転職をする人がとても多い業界です。そうしたIT業界での転職は、スキルや知識、経験などによって採用されるかどうかが決まるため、転職に向けてできるだけ自分自身のスキルアップを図ることは、満足度の高い転職をするためには必要不可欠なことと言えるでしょう。

 

IT業界での転職には、有利になる資格がいくつかあります。IT業界と言っても仕事の幅は広いですし、職種ごとに求められるスキルは異なるため、IT業界系の資格をたくさん持っていればよいというわけではありません。希望する職種に関する資格なら複数持っていることで面接官に好印象を与えることができますが、意味のない資格や役に立たない資格、職務とは関係ない資格などは、持っていても好印象にはつながりません。

 

例えば、IT業界でもエンジニアとして働く場合には、国家資格及びベンダー資格とがありますが、持っていると転職に有利になるのは国家資格ですね。ベンダー資格も無駄になるというわけではありませんが、民間資格なので国家資格と比べると、評価はそれほど高くはありません。持っていると役に立つと言われている国家資格には、経験値がそれほど高くない人なら基本情報技術者やITパスポートなどの資格がありますし、応用情報技術者、ITストラテジスト、プロジェクトマネージャ、システムアーキテクト、ネットワークスペシャリストなどの資格も持っていると、採用の際には年収アップにつながるほど役立ちます。

 

ベンダー資格でも持っていると役立つ資格はあります。例えば、初心者ならマイクロソフト技術者認定などは未経験の人におすすめの資格ですし、サンマイクロシステムズの資格や、リナックス技術者認定の資格なども、国家資格ではありませんが、スキルを客観的に証明する材料として活用することができます。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら