IT業界への転職理由とは

 

IT業界への転職を希望する人はたくさんいますが、転職理由は様々です。すでにIT業界で働いていた経験がある人なら、スキルをアップしたいとか、キャリアアップしたいなどの理由で転職を希望する人が多いでしょう。この業界は、ほかと比べると転職する頻度や回数が多くてもマイナスにならない傾向がありますし、スキルアップやキャリアアップとして転職することが比較的珍しくありません。そのため、ワンランク上のスキルやキャリアを目指して転職する人が多いのです。

 

これまでIT業界で働いた経験がない人にとっては、転職理由を聞かれても何と答えたら良いか分からないことがあるかもしれませんね。IT業界では未経験者歓迎の求人募集もたくさん出されているので、これまで経験がなくても転職することは十分に可能です。しかし、転職を希望すれば誰でも良いというわけではなく、もちろん企業側にとっては、人材を育成する価値がある人を雇用したいと思うので、面接対策はしっかりと準備しておくことが大切です。未経験者の場合、IT業界への転職理由と言われても、自分が持っているスキルや経験、専門知識などと掛け合わせることが難しいので、性格や経験などと絡ませて志望理由に結び付けるのが得策です。

 

もしも働いた経験がなくても、IT業界に関する知識や資格を持っている場合には、ぜひ面接の際にアピールしましょう。知識や資格を持っていることで、自分自身のスキルレベルを客観的に面接担当者に伝えることができますし、即戦力になると判断されれば、採用に近づきやすくなります。未経験者歓迎と出されている求人募集でも、経験したことがある人の方が採用されやすくなることは言うまでもありません。たくさんの求職者の中から自分が採用されるためには、仕事に役立ちそうなスキルや知識、資格をアピールすることがとても大切です。また、転職を希望している人なら、専門的な知識を身につけるためのコースなどを受講して、勉強中とアピールするという方法もアリです。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



IT業界を去る人の転職理由

 

IT業界への転職を考えている人の多くは、これから成長を続ける業界で専門的なスキルや知識を身につけて働きたいと考えているのではないでしょうか。確かにIT業界からの求人募集は全国各地にたくさんありますし、多くの未経験者・経験者がこの業界へと転職してくるわけですが、参入してくる人もいれば当然去る人もいます。IT業界への転職を考える人にとっては、去る人の転職理由はあまり参考にならないかもしれません。しかし、自分が働きたいと思っている業界を去りたいと考えている人たちの理由を知ることは、IT業界の裏側や働く際に気を付けたい点などが分かるので、決して無駄にはなりません。

 

IT業界を去りたいと考えている人の理由にはいろいろなものがありますが、その中でも多くの人が感じているのは「常駐」の厳しさですね。IT業界の中でもプログラマーやSEなどは顧客の企業に常駐して職務をこなすことが多く、自分が勤めている企業へはほとんど出社することがないという人は少なくありません。そうした生活が長く続くと、自分がどの企業に採用されているのか分からなくなってしまい、帰属意識が薄まってしまう事があるのだそうです。そうした人たちは、常駐せずに企業内で働けるお仕事を求めて別の業界へと転職するという決断をする事があります。

 

残業の多さもまた、IT業界を去る人が多い理由の一つとなっています。IT業界で働く人の全てが残業が多いというわけではありませんが、残業が多くて終電を逃してしまうという人も決して少なくありません。そんな場合、プライベートとの両立ができなくなってしまい、最終的にはIT業界都は別の業界へと転職するという決断になるようですね。ちなみに、近年ではIT業界でも残業時間を減らす動きがあり、企業ごとに様々な工夫と努力がされています。しかし常識を超える範囲での残業を強要するようなブラック企業はIT業界にも存在しているため、転職を考える際にはそうしたブラック企業に入らないように注意することも必要です。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら