IT業界転職必勝ガイドについて

IT業界への転職のために有利なスキルや資格、転職回数の影響や年齢の詳細に、未経験での転職方法などな詳しく解説したIT業界転職専門情報サイトになっています。IT業界に転職する前の参考にぜひご覧になってみてくださいね!


 

IT業界への転職と志望動機

IT業界へ転職する際の志望動機は、どのように考えるのが正解なのでしょうか。すでにこの業界で働いた経験がある人なら、持っているスキルや知識、これまでの経験をどんな風に生かしたいとか、どんな風にスキルアップやキャリアアップをしていきたいのかなど、前向きで建設的な志望動機がおススメです。しかし未経験者の場合には、持っているスキルや知識が必ずしもIT業界で役に立つというわけではないので、志望動機を考える際には、何を答えたら良いのか不安なものです。

 

まず、IT業界で働いた経験があるわけではないけれど、ITに関するスキルや知識をそれなりに持っているという人の場合には、趣味や特技で持っているスキルや知識に関して、いつどこでどんな風に学んだのか、そしてそうしたスキルを仕事としてさらにスキルアップさせていきたいという意気込みを語ると高評価なようです。IT業界では、基本的に即戦力になる人が採用されやすいですし、未経験者でもスキルがゼロの人よりはそれなりに持っている人の方が採用されやすくなります。もしも特定のスキルや知識を持っているのなら、全面的にアピールするのが良いでしょう。

 

IT業界での経験もスキルも知識もゼロだけれど転職して働きたいという人もいるでしょう。その場合には、スキルや専門的な知識をアピールしたくても無理なので、自分の性格や考え方と結び付けて、志望動機を考えるのがおススメです。例えば、これまでに困難なことにぶつかっても、持ち前の積極性や忍耐力で乗り切ってこれたから、その根性をIT業界でも活かしたい、なんていうのもアリです。その際、面接担当者がより具体的にイメージできるように、具体的なエピソードを披露できるとさらに良いですね。ただし、話がダラダラと長くなるのはNGなので、簡単に1分〜2分程度にまとめて話せるように、あらかじめ練習しておくことが必要です。

 

IT業界への転職では志望動機がとても大切ですが、志望動機が100点満点でなくてもやる気を伝えることができれば採用される確率は高くなるので、あまり不安を抱えずに面接に臨みましょう。

 

IT業界への転職に強い「ギークリー」公式サイトはこちら



Copyright (C) 2017 IT業界転職必勝ガイド All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます